写真加工技術

別の資料を探していて偶然見つけた2枚のフルベッキの写真。

諸説ありですが、偉人たちの素顔が拍子抜けするほど身近に感じますね。

このカラーに編集された写真の凄い加工技術に感服します。

加工過程が少し解る様になったので、気が遠くなる。

気軽に画像変換を依頼されるお客様、ソフトでちゃちゃっとしてるわけではありません(笑)

ソフトって便利ですけど余計なことや間違ってないけど違うことをします。

自動翻訳や変換がいい例です。



タバコ嫌いの人は、とても多いのに進まない問題解決法

窓を開けて車を走らせたり、ロードバイクで走るのは気持ちいい季節となりました。

で、そんな爽快感を台無しにするのが、やはりタバコ。

タバコを吸いながら、窓を開けているために臭ってくるのですが、窓を締め切って心ゆくまで吸っていただきたいがそうもいかないらしい。

完全喫煙にしたファミレスの売上は上がったと数字でも実証されたらしいが、追随する経営者はいるのでしょうか?

クライアントさんにも残念ながらいます。
贔屓目に見ても(笑)、厨房外でスタッフやシェフがタバコを吸っているのをみるとその店には行きたくなるし、社名の入ったトラックの運転手がポイ捨てしてたり、建設現場でタバコを吸っているならここでは頼めないと思うと思うのですが、気にしすぎなのだろうか?

いくら広告の宣伝やサイトで「お客様のために」と謳っても、虚しく響きます。

星のやさんは、採用条件が「非喫煙者」と徹底しているように「スタッフ全員が非喫煙者です」と謳うことで小さな会社にとって実施しやすいし効果も大きいと思うのです。

提言したことがありますが…



自由に利用できる画像の検索

サイト作成にオリジナルの画像を使うことが理想だが、なかなか綺麗な写真は撮れないものです。

そこで、購入するか、再利用できる画像を探すわけです。

ネットで検索する場合も、検索フィルターで著作権のないもの商用利用が許されたものを選ばなければなりません。

例えば、

・自由に使用または共有できる: コンテンツを変更しないことを条件に、コンテンツのコピーまたは再配布を許可します。
・自由に使用、共有、または変更できる: ライセンスに指定された方法でのコンテンツのコピー、変更、再配布を許可します。
・営利目的: コンテンツを営利目的で使用する場合は、必ず「営利目的」という語を含むライセンスを選択してください。

などがあり自由に使っていいのを探さねばならない。

ただ、注意書きに「不適切なライセンスのコンテンツが検索結果に表示された場合は、Google 検索フォーラムでお知らせください。」とある。

つまり、著作権のあるものがコピーフリーの検索結果に出てくるという事なので注意が必要だ。

フリーサイトとしながらも有料素材を無料で配布している違法な素材サイトも存在しますので訳が分かりません。

いくつか、素材集を購入し持ってはいますが、基本お客様に用意していただきますのでご了承ください。