プロモーションは、人を呼びファンを作れるかどうか

動画が評判だという山陰のプロモーションビデオ。山陰大好きですから、興味を持て見ました。

…やりすぎではないでしょうか?

確かにかっこいいですが、「全米No1、全米が泣いた」的な後でがっかりされてしまうのではないかと危惧してしまいます。

3月10日からイギリスと香港、17日からフランス、台湾、韓国の計5つの国の地域にYouTubeの広告として展開。
広告出稿は23日まで、再生回数は同日午前10時までに237万回を超えた。
当初の目標は100万回だったといい、「当初の想定をはるかに超える驚異的なスピード」で完璧な広告だと。

で2か月後の5月23日。

再生回数277万回…惰性で増えていますが、止まっています。完璧な広告?の目的は何だったのでしょう?

再生回数を増やすことが目的ではないと思うのです。

「山陰を映像作家が、かっこよく撮りました」

「来てください」…

費用まで知りませんが、こんな付け焼刃プロモーション、景気づけには面白いのかもしれない。

でも、山陰には、良いところがたくさんあります。もう少しロングテイル的なプロモーションをやってほしいと願います。



アクセスを増やすのか、反応を増やすのか?

テストしながら運営しているfacebookページがある。

先日の投稿が、50万アクセスを超えた。

ただ、動画を再生したのは、そのうち15万、「いいね!」まで押してもらえるのは5000件と率が悪い。

なぜ悪いかはわっかていて、理由は、発信者の「声」「思い」がないから…。

SEOをして検索順位を上げたり、広告を打ってアクセスを増やしても反応が弱いと商売には役立たない。

内容を吟味し反応のあるサイトを運営していただきたいが、ここがむつかしい。



辞書と動画を連携させることをどなたかしてみればいいのに?

そろそろ辞書なども動画と連携すべきだと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=wJLqUpDJDQg

おどろ・く【驚く/×愕く/×駭く】
《意識していなかった物事に、はっと気づく意が原義》

1 意外なことに出くわして、心に衝撃を受ける。びっくりする。感嘆する。
2 はっと気がつく。
3 目が覚める

〈びっくりする〉 be surprised [astonished, amazed] 《at, to see》; be taken aback
〈ぎょっとする〉 be shocked; get a start [turn]
〈怖がる〉 be frightened; be alarmed; take alarm 《at》