全世界送料込みという流れがくるのでしょうか?

日本では、様々な要因から送料が上がりつつありますが、全世界送料込みというサイトを見かけるようになった。

Mahabis、NewChic といったところがSNSの広告に出てきます。

調べてみると、ヨーロッパやアメリカのお店物ですが、流地点は、中国にある場合がほとんどのようですが日本国内の輸送費はどう出てるのでしょう。

amazonなどでも中国からの発送が増えてきたように思います。

海外通販といえば、昔ラルフローレンやアバクロといった商品を海外通販で安いからと購入していましたが、送料を考えるとそこまでお得感もなかったように記憶しています。

正直、Mahabis、NewChic のことはよくわからないですが、状況を追っていきたいと思います。

https://mahabis.com/

https://www.newchic.com/



そもそも、ホームページを作る目的は何だったのでしょうか?

・安く 作ることが目的なのでしょうか?
・カッコよく 多機能に作ることが目的なのでしょうか?
・上位に表示されさえすれば、選ばれるとお考えですか?

“システムやデザインだけに強い人間が考える”のではなく“商売を知って考える” 役立つバランスのいいホームページ企画制作が大切です。
WEBが役立つ仕組みを一緒に創りたいと考えています。

そのためには、WEB上において、どのように存在するべきかを徹底的に調査します。
また作成後の管理、ホームページでの目標設定をおこないます。
管理にどれぐらいの時間が取れるか、パソコンスキルについてなど内部的なことも お聞きし最適なサイトをご提案します。

会社や お店にとって 売り上げを上げ役立つことを一番の目標のウェブ戦略はオリジナルであるべきと考えています。



著作権の本来の役割はなんでしょうね。

JASRACが音楽教室から著作権料徴収するとかしないとか..
JASRAC「一般社団法人日本音楽著作権協会」は、様々な音楽関係者(作詞者、作曲者、出版者)などからその権利を預かり、代わりに管理している団体だそうだが、アーチストさんから「自分の曲を演奏したらカネを請求されたが、自分には一円も入ってこない」と訴訟になったりと徴収だけはするが、支払いは作家さんが調べて申請しないといけないらしい。

Youtubeに子供の学芸会の演奏を上げたら、著作権の侵害だとメッセージ。

先日の陸上大会のサイトを見たら、放送元のサイトが自分所の映像をyoutubeに上げて埋め込んでいるのに「著作権が...」映像を止められている…。