正しいことをやり続ける習慣

物を壊してスッキリする。

お皿を割ってスッキリしましょうとうたったお店があると昔TVで見た記憶がります..。

これは、本能なのだと思いますが大人の振る舞いとしては避けたい。

「君がラケットを投げた時点でコーチをやめる」と叔父のトニーコーチに言われナダル選手はラケットに当たらないことで有名ですが、もちろんこれだけではありません。

彼らが凄いのは、「淡々と正しいことをやり続ける。ただ、淡々と..」多少の感情の起伏もあるし落ち込むこともあったとのことですが、ただ淡々と黙々とその道を信じて行く良い習慣が癖になっているというか?

のぼせ上がることも腐ることも見せないでただ行くのみ。

本物の強さを感じます。



アクセスを増やすのか、反応を増やすのか?

テストしながら運営しているfacebookページがある。

先日の投稿が、50万アクセスを超えた。

ただ、動画を再生したのは、そのうち15万、「いいね!」まで押してもらえるのは5000件と率が悪い。

なぜ悪いかはわっかていて、理由は、発信者の「声」「思い」がないから…。

SEOをして検索順位を上げたり、広告を打ってアクセスを増やしても反応が弱いと商売には役立たない。

内容を吟味し反応のあるサイトを運営していただきたいが、ここがむつかしい。



やるべきことを後回しにしてしまうとき思い出す

やるべきことを後回しにしてしまう。

偉そうに人には言いますが、なかなかできないです。

どんな方でも、多かれ少なかれずるずると後回しにしてしまい、目前の「やりやすいこと」「楽しい仕事」ばかりやってしまうモノだと思います。

海の男から経営者になった方と少しお話しを伺うことができた。

海で時化に合うとどうしようもないらしい、ひたすら時化が終わるまで「死」と対峙する。

波を横から被ると転覆する。なので船首を大波に向け、波に突っ込むことだけに集中し向かい合う時間だそうだ。

「明日の命さえ分からない時期がずっとあったから、今、全てをやりきるようにしている」

「戦地で命と対峙した兵隊さんたちだから戦後の復興はあったのかもしれない」

「部下の後回し癖をもったいと思う。」

かなわない…

しっかり覚えておこうと思ったお話でした。



フォローワーが10,000人を超えました。

趣味のfacebookページのフォロワーが、年末に10,000人を超えました。

このfacebookページは、基本動画のみで投稿していて時間はほとんどかけていません。

かければかける程効果の出るのもわかっていますが、そんなに時間をかけなくともなんとなく増やす方法が見えてきました。

が、「やらない」で増やすはありえません。

今、私が関わったお客様でちゃんとやっている人は、例外なく流行っています。

今回、10,000ということで割合も出しやすいので覚書をしていこうと思います。


男性:78% 女性 22% …

国別:
日本8,662、台湾570、香港114、アメリカ合衆国109 …

町別:
横浜市498、大阪市350、京都市155、福岡151、神戸市133、そして台北市131 …

圧倒的にスマホユーザーが多いです。



時間帯は、AM3時が少ない

最近は、学生など若い人のSNSといえばinstagramの勢いが強いですが、instagramに流れている若い人向けのビジネスにはあまり縁がないので、ターゲットを絞ってより深く解析していきたいと思います。