アンチ・マス論が正しいとも思いませんが

商売は生き物であり地域による風土の違い、立地条件、消費者の消費動向などさまざまな条件が違う。

業界によっても特色がたくさんあるのがあたりまえだと思っている。

特に小さな会社、お店は出来る事も限られてくる。

それに対し画一的なマニュアル方法ではいけるはずがない。

高値

為替にはあまり影響のない仕事をしていますが、輸入業はもちろん商売をしている人にとっては、現在の123-125円と言うのはなかなか痛い話。

改めて調べてみると、ほんの四年前の相場をみると76円ほどですからなるほどである。

ますます難しくなっていく商売のお話を聞いていると…

高値を追い風の方の方もいるわけですから、一概にも言えませんが、個人輸入も最近やっていないなぁ

そろそろガソリンにも影響してくるでしょうから、コマ目に満タンにでもしておきたい。