インフルエンサーの力を見くびらないほうがいいですね。

毎日、新聞を読むようにいくつかのサイトを読むわけですが、そこに「扇風機」についてのオススメ記事がりました。

家には、何台もあるし正直「扇風機の風」が好きでありません。というか嫌いなのです。

全く必要性を感じない「扇風機」

ですが、私の大好きなインフルエンサーの方が「いい!」と言っているのです。

もう欲しくてたまりません….

高原の宿で窓を開けているような感じ、ふわーっとした涼しさが届く自然界の風
これまでの扇風機で不快に感じられがちだった「面積が小さく直線的で、渦を巻いている人工的な風」を見事に解消しているとか….



EUとシティとエディンバラ

やはり、スコットランドはEUに残留する意向を明らかにした。

スコットランドでは離脱派が38%、残留派が62%と、EU残留への支持が大きいので当たり前といえば当たり前なのかもしれない。

スコットランドのUKからの独立、すなわちUK解体というのも現実味を帯びてきたように思う。

ロンドンのシティの機能が、エディンバラへという準備も進んでいるとかいないとか。

スコットランドの海外向け輸出の約半分がEU向け、またスコットランドに存在する2000以上の外国企業の実に40%がEUの企業だそうだ。

一度だけ訪ねたスコットランドは、世界で一番美しい景観だと今でも思います。



WEBプロデューサーを料理人に例えていました。

どこかで、WEBプロデューサーを料理人に例えていた。

料理を知れば、料理方法を自然に学ぶのでわかるようになると…素材を勉強しても料理にはならない…

ちょっと意味が分からなくもない。

こ難しい料理ではなく、「ご家庭でできる簡単で美味しいウェブ」をプロデュースして「皆さんで運営できるWEB」を創作しアレンジしています。

基本的にお任せではなく、「自分たちで料理が作れるようになりたい」と願う、ビジネス、商売にWEBを上手に使いたい人、fcebookなどSNSをうまく使いたい人、小さな会社のWEB担当者さん,自営業者さん、自分でサイトを作って運営したい人、のご募集を御待ちしています。

人間は常に流行廃り、趣味志向の変化、 気持ちの変化などと言う事を認識しつつ、 WEB画面の大きさの変化といった抗うことのできない環境の変化という基本中の基本にしっかりアンテナを張っていくのが大事だと思います。



視察旅行という海外旅行は、氷山の一角というのもバカバカしい

その昔、何度か視察旅行に連れて行ってもらった事はあります。

「個人負担が基本的にない旅行」ですから負い目がありました(笑)。

行かせてよかったと思われるようにとそれぞれ頑張った記憶があります。

前から問題だらけの議員さんの贅沢な遊び。

出張とは名ばかりの遊び旅行は、目の当たり(?)にしたので実在します。完全に「慰安旅行」です。まぁ、ここに書くのも憚られるほど酷いです。

旅行のついでにチラっと見るのならまだまし。
で、見たとしてもその行政の担当者がみない視察になんの意味があるのでしょう?

レポート、報告書、せめてblogやfacebookでもいいから有意義な「視察」だったといえる報告を頂きたいものです。