お伝えだったり、覚書だったり...

小さなウェブサイト専門家のブログ

ニッチな市場に大資本で攻め込んでこられる

ニッチな市場に大資本で攻め込んでこられる

消費者の好みが細分化して、昔のような大量生産大量消費といった大衆的な大衆消費がなくなってきた。 そこでニッチな産業というターゲットを小さな会社は狙ってきたわけです。 ニッチというのは、隙間という意味で、マーケティング的に続きを読むニッチな市場に大資本で攻め込んでこられる[…]

優良顧客、3丁目の田中さんへ

優良顧客、3丁目の田中さんへ

こんなお客様が増えたらいいな といったことがあると思います。 既存のお客さまの中で、利益率の高いお客様や、長期的に取引を続けたいお客様、つまり、優良顧客がどんな属性のお客様なのか?を具体的に思い描いてください。 例えば、続きを読む優良顧客、3丁目の田中さんへ[…]

ウェブ管理のまとめ

ウェブ管理のまとめ

Web担当者となる人を数多く講習しサポートさせていただいていて、わかったこと。 それは、それぞれWeb担当者に求められる役割が違う、千差万別ということです。 基本的には、先にあげた ・更新内容レベル1:ホームページを機能続きを読むウェブ管理のまとめ[…]

WEBマーケティングとは?:うまくいくのか?

WEBマーケティングとは?:うまくいくのか?

競争が激しく、担当者もネットを熟知し、会社も多額のコストや人員を出し惜しみなく投資してるところに小さな会社が同じように勝負しても勝てません。 たとえば、今から、ショッピングモールなどを立ち上げ勝負するのは辞めておいたほう続きを読むWEBマーケティングとは?:うまくいくのか?[…]

Webマーケティングとは?:はじめに

Webマーケティングとは?:はじめに

ウェブ担当者の仕事の基本は、ホームページの更新です。 ウェブサイトの最初の目的は、自社の情報を伝え「会社案内のウェブ版」の要素が強かったと思います。 次第に購入後のフォロー、新しい情報や商品を伝え次回の宣伝やキャンペーン続きを読むWebマーケティングとは?:はじめに[…]

旅館経営をビジネスホテルと同じ感覚でという流れ

旅館経営をビジネスホテルと同じ感覚でという流れ

旅館経営者がどんどんと外国資本になっているらしい。 今の旅館経営者は後継者問題を抱えていて、業績が悪化する中で持ちかけられる外国資本からの買収話はありがたい存在。 現在、旅館オーナーに占める外国人の割合は1割程度といわれ続きを読む旅館経営をビジネスホテルと同じ感覚でという流れ[…]

Web担当者に向いているのは、制作会社出身のデザイナーではないようです。

Web担当者に向いているのは、制作会社出身のデザイナーではないようです。

ウェブ担当者はスキルや技術も必要ですが、それよりも、社内調整力や、マーケティング、発信力が必要です。 確かに制作会社出身のデザイナさんは、サイトの変更はお手の物ですが、指示されたものを作るだけなので意外と役に立たないので続きを読むWeb担当者に向いているのは、制作会社出身のデザイナーではないようです。[…]

差別化という意味を今一度考えてみましょう

差別化という意味を今一度考えてみましょう

モノが売れるとか売れないとか、もちろん大事です。 そのためにSEOやサイトの美しさも必要でしょう。 ですが、インターネットの時代って、ユーザーはどんなに特殊なものであってもほしいものを見つけます。 WEB上に存在さえすれ続きを読む差別化という意味を今一度考えてみましょう[…]