故郷は遠くに在りて思うもの

インターネット

今の時代、昔大好きだったものをこのネット時代なら比較的簡単に手に入れることができる。

再び、見つけた時、手に入れた時、感動すら覚え当時の思い出や、これはここの踏襲されているのだなと分析したりとひとしきりまた楽しめますが、残念なことに殆どの物をまたずっと持っていようとは思わない。

手放したものには、手放した理由があるのですね。

手放さずに持っているもの、継続しているものをこれからも大事にしていきたいものです。



タイトルとURLをコピーしました