Web担当者に向いているのは、制作会社出身のデザイナーではないようです。

ウェブ担当者はスキルや技術も必要ですが、それよりも、社内調整力や、マーケティング、発信力が必要です。

確かに制作会社出身のデザイナさんは、サイトの変更はお手の物ですが、指示されたものを作るだけなので意外と役に立たないのです。

社内の人材となるとパソコンが得意な経理など事務職の方が、Web担当者やホームページ担当者を担当されることも多いです。

ですが、Webで何を発信するべきなのか、というのがわかるのは、営業や販売マーケティングを経験されている方、社内のいくつかの部署を経験されているの方で、彼らがWeb担当者に一番向いている。

簡単なスキルなら意外とかんたんにできるようになるので、トライして欲しい。

ウェブサイトで自分たちが何を発信するべきか?ということを、商売する立場で制作し、それを役立つように運営していくのが「商売に役立つサイト」です。