差別化という意味を今一度考えてみましょう

モノが売れるとか売れないとか、もちろん大事です。

そのためにSEOやサイトの美しさも必要でしょう。

ですが、インターネットの時代って、ユーザーはどんなに特殊なものであってもほしいものを見つけます。

WEB上に存在さえすれば、探しものは見つかるものです。

その意味では恐れずに、「欲しい人がいるものを作る」ということがまずは大事だと思います。

誰もがやるサービスやどこにでもある商品を売ることだと小手先だけが重要になってしまいます。

欲しい人がいるサービス、商品を作るということが、本当に考えねばならないことですね。