更新内容レベル1:ホームページを機能させる

商売をしていると、商品やサービス、値段などの内容は変わります。

支店や店舗なども、増えたり減ったり、住所や電話番号が変わったり変わることも起こります。

さらに、新しい商品やサービスが出た時、マスコミに取り上げられたとき、リコールが発生してしまった時など、ニュースもきちんと更新しなければなりません。

夏休みや年末年始のお休みもお知らせすることもあるでしょう。

変化があった時に、それをこまめに更新して、リアルタイムで情報を出すようにするのがウェブ担当者の基本的業務となります。

このくらいのことなら、ちょっと講習を受ければ、ほぼ100%の人ができるようになります。