TV広告とインターネット広告

インターネット

統計上、テレビCMであれば、数億円かければ90%近くの人に見せることが可能といわれている。

しかし、インターネット広告の場合、例えばバナーに同規模の予算をかけても3割程度にしか届かないという。
ヤフーのトップにバナーを出稿しても、複数のバナーが更新するたびにローテーションするので必ずそのバナーが表示されるわけではないし、さっきの広告何だろうとリロードしても、そのバナーに接触しない人も出てくる。

インターネット広告の値段が上がってTV広告が見直されてもいる。

全員が同じ広告を見るTVと違いインターネットの広告は用途が違っていて棲み分けが出来てきた。
また、組み合わせ方が大事になってきていてその組み合わせ方が雑誌広告なども合わせていくと無限大に広がってる様子が興味深く面白い。

広告収入を得ることが個人で可能なのがインターネット広告.

TVでは放送局を持たない限りこうはいきません。

自社サイトでアドセンスで広告収入を得るということを知っているといわゆる「炎上狙い」で稼ぐ人が出てきます。





タイトルとURLをコピーしました