アマチュアとプロを意識してみる

プロの仕事にもいろいろあると思うが「お客に喜んでもらえたかどうか」で対価が払われるものだと思う。

いくら時間をかけようが、いくら手間暇かけようが、「対価を払うお客様が喜ぶか喜ばないか?」

お客目線での仕事、サービスの追求を徹底的にして行くことは当たり前で、それをしないで自己満足で終わっていてプロではない。

スクールなどでの怒鳴り上げるコーチでも、「いい選手を輩出すれば、人は集まる」ということもあるでしょう。

タバコ臭い料理人でも「うまい料理を食わせてやるぜ」と世界最高峰の腕がある人もいるかも知れない。

プロは客のため、アマチュアは自分のためにやるというのが、アマチュアとプロのスタンスの違い。

不快な人に対価を払うほどばかばかしいものはない。

関わる人たちには、笑顔あふれるプロのスタンスであってほしいものです。