旦那芸なのかプロの芸なのか

お仕事

どうなんでしょう?

プロフェッショナルという言葉に憧れる反面..

「アマチュア」というか「ご近所感」というゆるい感じも捨てがたい。
「ご近所の人気者」というか「頼りにしてます」みたいなのもかっこい。

どのジャンルでもそうだが、実際に限界までやってみないとわからない乱れや失敗がある。
それを知っておけば、お客様に注意できるしアドバイスできる。
その人がやる前にわかる。

専門家を「非常に狭い範囲で、ありとあらゆる失敗、間違いを経験した人」定義するなら、専門家だと胸を張って言える。

タイトルとURLをコピーしました