IPv6とIPv4待機中:覚書

ブログ

ネット速度は一定でなく使う人が多いと光回線でも遅くなりイライラします。

そこで見直したいのが、新しいバージョンのIP。
IPv6というのが、IPv4に代わる新しいバージョンで90年代後半からのIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコル。
IPv6によって現状のIPv4におけるIPアドレス枯渇の問題が解消できるとされています。

テストサイト
https://test-ipv6.com/

IPv6のIPoE通信方式では、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保し高速道路のような別の道路を使って通信ができます。

IPv6だから全てIPoEというわけではないのでプロバイダーやルーターがPPPoEのままだ注意が必要で、設定や契約内容をチェックしなくてはなりません。
結構ややこしいのですが..IPoE方式で接続したIPv6だけが高速道路に乗れるわけです。
基本的にIPv6環境で通信を行いながら、従来のIPv4アドレスでの通信もできるようにする(IPv4 over IPv6)も要チェックです。

IPv4/IPv6接続判定ツール
IPv6 test - IPv6/4 connectivity and speed test
IPv6-test.com is a free service that checks your IPv6 and IPv4 connectivity and speed. Diagnose connection problems, discover which address(es) you are currentl...

タイトルとURLをコピーしました