WiFiの速さを見直し効果:覚書

ブログ

Wi-Fiの速さでお困りのお客様は多い。
夜になると遅いとか、電子レンジ使うと切れるとか..

このコロナが起した自宅待機には、ネット環境の見直しが不可欠だった様に思います。
ほとんどの原因は「IPv4」にあるありインターネット映像配信、動画データ増えPPPoE(インターネット接続時の認証機能)が混み合って遅くなります。
そこで通信方式IPv6(IPoE)に変更することでほとんど解決し高速なインターネット通信を利用できてしまいます。
IPv6(IPoE)サービスを利用するには、対応プロバイダーへ申し込む必要がありますが無料だったり数百円だったりで問題ありませんが、設定がややこしくなる事があるので頑張ってください。


夜になると、1〜3Mbpsまで速度が落ちる環境を見直させて頂きました。

これからは、更に「Wi-Fi 6(11ax)」対応接続で更に安定通信が可能とのことです。

タイトルとURLをコピーしました